寺院関係にかかる主な費用は、読経と戒名(法名)に対する お布施です。
読 経 の み (俗名の場合)
通夜・告別式

通常、2日間で15万円程度より、上限はお気持ちとご予算の範囲内です。
初 七 日
5万円程度です。都内では、後日改めて親戚一同が集まるのが困難なため、告別式の日に繰り上げて初七日を行う場合がほとんどです。
これら読経と、下記 戒名をあわせてお布施として寺院へお渡します。
戒 名 ( 法名・法号 )

 仏教に帰依した者は、厳しい戒法を守ることを誓います。そして、俗世から仏弟子として生まれ変わります。俗名を捨て戒名を用いるのです。本来は、生前に授けられるものです。(真宗などでは、生前に「おかみそり」と称して法名をうける習慣があります。  かって、身分階級により規定された時代もありますが、今日では寺院への協力度(経済的・人的)、信仰の深さなどによりきまります。 ( 実質上、お布施の額によります ) 

真宗は法名、日蓮宗は法号など、意味合い・呼び方が異なります。

代表的な戒名についてみてみましょう。

←○院号
←△道号
←□法号
戒名はこの
2文字
←位号
100万円程度
50万円程度
30万円程度
15万円程度

イメージしやすいように読経と戒名をわけて価格を記しましたが、
両方合わせてお布施として寺院へお渡します。

 上記お布施の金額は、都内におけるおおよその目安です。寺院により大きく異なります
   (生前の信仰心から、5万円で院号をつけてくださる住職もいれば、信士で65万円からという寺院もあります。)
    菩提寺のある方は、直接、はっきりと問い合わせてみて下さい。

院殿号・院号 法号の上に冠するもので最上の尊称です。
居士・大姉 篤信の信者に付与されます。
信士・信女 一般的に用いられます。
子供の場合、童子・童女、孩子、嬰子、水子など 年齢により異なります。

 当社紹介寺院では、読経・戒名(信士・信女) 併せて、平均35万円です。

平成15年アンケート調査(日本消費者協会)によれば、葬儀における寺院費用は、
全国平均48.6万円  (東京・埼玉・神奈川)平均64.1万円
ただし、大きな葬儀を含んだ 数少ない事例の平均のため、参考にならないかも・・・。

  
   ミニ知識
  位牌の起源は ・ ・ ・ 儒教です。